携帯アクセス解析
身の回りに起こるへんてこなこと。
私自身のへんてこなこと。
【 Information 】

・当ブログはリンクフリーです。相互リンクご希望の方は下方にある、メッセージフォームをご利用下さい。
・リンク用バナーが必要な方は↓を「名前をつけて保存」でご使用下さい。

Blogへんてこバナー

・このWeblogはOS・WindowsXP、ブラウザ・IE7とSleipnir、CRTモニター19インチ/解像度1024×768pxeで確認しています。液晶モニターの方には見え難いかもしれませんがお許し下さい。


BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
---------------------------------- ----------------------------------

簡単!フォトショ講座


BLOGへんてこの過去記事
2007.4.20までの過去の日記です


once more again
JUGEMテンプレ改造のお手伝い

----------------------------------
【 Message 】
なまえ
メール
メッセージ
メールフォーム レンタルサーバー
----------------------------------
BlogPet




PROFILE

OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





カウンター

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

PowerShot A620


年明けにお年玉価格で売り出されていた「CANON PowerShot A620」を購入しました。
約710万画素の高画質と、様々な機能がついた便利デジカメです。

売り出し価格29,880円だったPowerShot A620を、価格.comで調べてみたら、現在の最低価格が33,000円。
こりゃ買うしかないでしょう!ってことで購入したのですが・・・

以前使っていたEPSON CP600は8年も前の代物で、画素数は最高でも130万画素、全てカメラ任せの設定要らず。パチパチ撮った後はフォトショなどのレタッチソフトで修正加工していました。
手ぶれの心配なんて無縁だったのです。
ところが、今回購入したPowerShot A620は露出・シャッタースピード・露光、などなど全てがお好み次第。つまり使い手によって世界に一枚の写真が撮影できる訳です。しかし、言い換えればカメラを知らない奴には使いこなせない!ってこと!!(^^ゞ

先日行った延岡での釣行でEPSON CP600と同じ感覚で、何時ものように記録写真を撮っていた私。帰って来てパソコンに落として原寸で見た時は、唖然としましたよ・・・ホント(/_;)
一番驚いたのが↓の写真です。

これは三脚を使わずに夜間モードで撮影したのですが、ご覧の通り周りがにじんでしまって、酷い有様です。

私にとってデジカメとは、手間要らず、費用要らずで好き勝手に写真が撮れれば良かったのですが、何も知らずに買ってしまったPowerShotA620は高画質・高機能なだけに多少勉強しなければならないようです。

まず調べたのが「手ぶれ」と夜間モードでの撮影でした。
検索でヒットしたサイトの中の1ページに「デジカメはピンボケ製造機?」なる記述を発見!読んでみると、正しく私の事例と合致します(^^ゞ

はぁ、、、大変な物を買ってしまいました(-_-;)

でも、買った以上は少しでも使いこなしたい!
只今試行錯誤でやっている最中ですが、色んなサイトでペットの撮影は以外と難しいと書いてありましたので、これから暫くは我が家の2匹の猫をモデルにして試し撮りしていこうと思ってます。

第一弾の今回は猫の目を光らせずに撮影する!です。
フォトショでの修正も合わせてやってみました。

この写真は猫の目を光らせずに撮影する1つの方法として、ストロボを焚かずにISOを50にして撮影した物です。
これをフォトショで明度を上げて修正しました。


A・・・29KB
B・・・29KB
C・・・30KB

AとBは見た目も容量もさほど変わりません。Cは白が飛び過ぎです。
毛色の白を表現するのは中々難しいです。
撮影した被写体の質感を何処まで引き出せるか?レタッチソフトを使う難しさはここにありますが、↑の3点はどれも落第点ですね(-_-;)
やはり最低限の修正で済ませるには、撮影したままで行くのが1番!
って、ことで今度はストロボの発光度合いを調整してみました。

この写真はPモードでストロボの発光度合いを-1.5前後にし、ストロボの光が目に当らないようピントをずらして撮影しました。
思惑通り目は光っていませんが、今度はピントがずれてしまって鼻の頭が少しボケてしまいました。

ホントに猫を接写するのは難しいです(-_-;)
でも、2枚とも三脚無しで撮影していますので、手ぶれについては多少は克服できたかな?と思っています。

これから少しずつ勉強&撮影して、夜間の撮影とマクロモードでの撮影への恐怖感を無くしていきたいと思っています。
皆さん宜しくご教示下さいませm(__)m
>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * デジカメ * 10:57 * comments(0) * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top



▲page-top
<< 2/2