携帯アクセス解析
身の回りに起こるへんてこなこと。
私自身のへんてこなこと。
【 Information 】

・当ブログはリンクフリーです。相互リンクご希望の方は下方にある、メッセージフォームをご利用下さい。
・リンク用バナーが必要な方は↓を「名前をつけて保存」でご使用下さい。

Blogへんてこバナー

・このWeblogはOS・WindowsXP、ブラウザ・IE7とSleipnir、CRTモニター19インチ/解像度1024×768pxeで確認しています。液晶モニターの方には見え難いかもしれませんがお許し下さい。


BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
---------------------------------- ----------------------------------

簡単!フォトショ講座


BLOGへんてこの過去記事
2007.4.20までの過去の日記です


once more again
JUGEMテンプレ改造のお手伝い

----------------------------------
【 Message 】
なまえ
メール
メッセージ
メールフォーム レンタルサーバー
----------------------------------
BlogPet




PROFILE

OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





カウンター

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

壊れ もの 釣行


キリ番がいよいよ10万を迎えようとしていた6月22日から23日にかけて、熊本県天草市牛深町へ釣りに行ってきました。
その頃の熊本県下には大雨洪水警報・注意報と共に、地域によっては土砂災害警戒も出されていて、本来なら21日の土曜日から予定していた釣行を1日先延ばしにして、出かけたのでした。

出かけるギリギリまでモニターと睨めっこしていましたが、回らないカウンターを諦め、後ろ髪を引かれる思いでしたが、ウチにとっては月に1度しか無い連休ですから、釣りに出かけることにしました。
キリ番へご参加頂いた皆様、留守にして本当に申し訳ありませんでしたm(__)m

で、そんな思いをして出かけた釣行でしたが、過去に経験したことが無い程に「もの」が壊れた釣行でした(-_-;)
詳しくは↓に入れますので、何が壊れたのかなぁ?って興味のある方は「続きを読む」からどうぞ〜。でも、画像がデカイです!開くのに相当時間がかかるかも?です(^^ゞ

あっ、その前に場所のご紹介からしますね。
牛深沖磯略図
ライトアップされたハイヤ大橋牛深は以前は市だったのですが、平成18年に市町村合併が行われ、今は町になっています。牛深町に入って漁港近くに回りこんだ道からハイヤ大橋を渡り、後浜新港から出船する「はいや丸」に乗り込んだのですが、海にはウネリが残っていて渡礁が大変でした。
最初に渡してもらったのは5月にも行った沖ノ瀬でした。

その後瀬代わりした「ウ瀬」で劇的にものが壊れていったのです・・orz(/_;)

>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 03:02 * comments(12) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

'08 AJLGT 私の試合


一昨日から昨日にかけて、JUGEMのサーバーダウンで書くに書けずにいましたが、いよいよ自分の試合についてご報告します。

他の方は既に書き上げられているようなので、私が一番どん尻の報告かな?
成績と同じで・・・(//▽//)

結果は既に速報としてお知らせした通り、初戦敗退でした。
敗因は何か?と考えると、やはり遠投できなかったこと!
これに尽きると思います。
鶴見内湾略図
宇戸のハナレ略図上がった磯は宇戸のハナレという所でした。
ココは第5回大会で八重ちゃん、あかねちゃんと初戦を戦った磯です。
つまり上礁は2回目なので、ポイントはある程度分かっていました。左の図の2番が最大のポイントとなります。
次が1番。

しかし、あの時とは潮の流れが逆で、1番のポイントであるセンスイカンからハナレに向かって流れる潮を掴みきれませんでした。

上げ潮の中で釣っていれば・・・。
ジャンケンに負けていれば・・・。
色々思うのですが、決勝戦を観て「あんなに投げなければいけなかったんだ」と知り、結局は遠投出来なかった自分の完敗でした。

>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 13:50 * comments(5) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

根負け釣行


沖ノ瀬は牛深の後浜新港から約20分の礁群だいぶ記憶も薄れ、感動も悔しさも薄れていますが、全てを忘れてしまわない内に釣行記を書いておきましょう!

行った磯は熊本県天草市の牛深、沖ノ瀬という礁群でした。
釣行日であった5/12は月曜日であった為か、釣り客も少なく、同船したのは20代と思しき若者が一人だけでした。
その人から前日に50オーバーのオナガが出たことや、中ノ瀬から沖ノ瀬周辺が今一番良く釣れていることを、事前情報として仕入れました。

たった一人で磯に来るような人です。釣りが大好きな人に決まっています。
そんな彼の話を聞きながら・・・
「よっしゃ! 今日の仕掛は決まった!! 3号2号でいくべぇ〜えへへ
と、ほくそえんだ私でした(笑)

3号2号とは・・・道糸3号にハリス2号の仕掛のこと。
この仕掛も、まぁ、間違いではなかったのですが、現場も見ずに決め込む私ってどうなんでしょうね? アホだと思うでしょ?汗
実際アホなんで、皆さんのご意見は否定しませんけどね・・・困った

でも、この3号2号の仕掛を、いとも簡単にブチ切られたアタリが3回!
1つはウスバハギの特大サイズだったと思いますが、あとの2回はオナガだと確信しています。だって、あのバチッときたアタリ方。それに迷わずに根を目指してグングン潜っていった力強い逃げ足。多分間違いないと思います。

今、思い出しても・・・う〜 たまらんバ〜イ大笑い

>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 14:51 * comments(12) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

波止は鯛祭り!でも・・・釣行


27日に連続のバラシをやらかし、意気消沈している私に旦那が更なる追い打ちをかけたのはその日の夜のことでした。

「ところで・・・」

ウチの旦那が「ところで」と話始める時は要注意!
ろくな話じゃないんですじとー
「ところで、あんたは1000釣法を練習しとるのかね?」

でたっ!!1000釣法爆弾ひよこ

3月〜4月に私がグレボーズの街道をまっしぐらに走っている時に、旦那は1000釣法の修練を着々と重ね、あんなチヌ(黒鯛)やこんなグレを釣って楽しんでいたのです。
あんなチヌとこんなグレ
今や1000釣法に対して120%の信頼を持つ旦那は、私に1000釣法を練習しろと言い続けていたのですが、今の釣りが精一杯の私にはそんな余裕は無く「うんうん」と言いながら逃げていました。
しかし、今回は2日間に渡る釣行日程を組まれていて、逃げ切れる術が無い私は・・・翌日の波止は「1日1000釣法で通す」と約束してしまいました驚き2

さて、私の1000釣法はどうだったのか?
そして「波止は鯛祭り!」とはどういう意味なのか?

気になる方は「続き」で読んで下さいm(__)m

>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 02:30 * comments(5) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

バラシ釣行


しかし、何故あんなにバラスんでしょうね?くすくすんん
4回も連続してバラスなんて・・・ありえーん!ガーン

はぁ・・・これがレディースの大会だったら、と思うと生きた心地がしません。
今思い返しても「私の馬鹿」としか思えなくて、学習能力の無さに我ながら感心するばかりです(x_x) ☆\(^^;) ぽかっ

何であそこでタメなかったんだろう?・・・とか
糸をチョット出せば竿は立てられたはずなのに・・・とか
ゴリ巻きし過ぎじゃ!・・・等々反省ばかりの釣行でしたくすん

でも、磯の雰囲気は「上向き」かな?って感じで、バラシはしたけど、竿を引っ手繰っていったアタリや、竿の2番目くらいまで海中に引きずり込まれたアタリもあって、メッチャ面白かったですにこにこ

「上向き」の証拠が矢印↓です。
42cmのオナガがナガウドで仕留められていました!
釣ったのは「磯剛会」という釣りクラブの会長稲田さん。
噂には聞いていますが、流石の腕前です拍手拍手拍手
これを筆頭に13枚の釣果だったとか?
この釣果にあやかりたくて、お魚を触って、動画まで撮ってきました(笑)
でも、最後に余裕のピースくれたのは「みや丸」の船長でした(爆)



何時ものように長〜い釣行記は↓に入れますので、時間に余裕のある方は、読んで下さいねーえへへえへへえへへ

>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 14:46 * comments(9) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

ちょこっと記


ここ2回ばかり釣行記を飛ばしています(^^ゞ
なので、今日は「釣行記」ならぬ「ちょこっと記」を書いときます。

釣行日:3月9日〜10日  潮:中潮
天気:晴れ  風:北西の風(強風)

午前6時にみや丸に乗り込み、最初に渡してもらったのは壇の窓の手前にある「帆戸船がかり」という、風も当たらず波静かなワンドに面した磯でした。
本当は「ウノトマリ」に行きたかったのですが、この日は朝からウネリが酷くて、上がれる磯が無いとのことで、ウネリが収まるまでココで待機してて!ってことでした。

帆戸船がかりの磯からダンの窓を見たところ本流は遥か沖を流れていて、それに引かれる潮が足元から出ていたので、暫くその潮を探っていました。
すると3投目くらいで35cm程のイサキが元気良く当たってくれて、嬉しいお土産ゲッチュー(´艸`)
イサキだけに、こいつぁサイサキいいや!と喜んでスカリに入れました。
この帆戸船がかりでイサキを3匹確保したところで、船長が「カンノンが空いてるから行ってみる?」とお迎えに来てくれたので、1回目の瀬替わりをしました。

強風警報発令中のカンノンところが喜んで行ったカンノンは、本命ポイントが強風にさらされていて、1時間もしない内に「風が変わったから瀬替わりしましょう」とまたまたお迎えが来て、今度は鶴見崎半島の突端の西に上げてもらうことになりました。

スゲーうねり
すっごい波しぶきが上がっていて、瀬付けした船がゴゴゴと波にもまれて上下に揺れていました。荷物を受け渡しながら「こんなところで釣れるんかいなぁ?」と不安でした。

磯に上がるとカンノンよりも凄い風が吹きまくり、海は一面が真っ白のサラシの海。
それでも頑張る旦那
「船長のせっかくの心遣いやけど、段々条件が悪くなってね?」

強風に煽られて仕掛も撒餌もまもともに飛びゃしない!

あの仕掛に合わせる為には、風が右から吹いていたので、チョイ右向きに撒餌を打ったのですが、海面すれすれの風は余程酷いのか、右に向けて打った撒餌が仕掛を飛び越して、遥か左の全然的外れな所に着水します。

おまけにサラシのくせに手前にドンドコ戻ってくる当て潮で、チョット油断するとサラシに引き込まれ、大きく張り出した根に仕掛が引っ掛かってしまいます。
最早、釣りどころの騒ぎじゃありません!

一人で頑張る旦那を残して、回収の船が来る予定時間より3時間も早く納竿してしまいました。
おまけに、竿先に気が行ってて、ポケットのチャックを閉め忘れていた私は、買って2度しか使っていない小物ケースを海に捧げてしまったのでした。
それに瀬際近くでラインの行方を見失ってしまい、特別先行販売で手に入れたKIZAKURAの「全層沈めフカセ」ウキ1600円まで、ロストしてしまったのです。

この突端西で小物ケース・ウキと被害が続々と出始めました。
「釣りや〜めた!ギブアップです〜(;。;)」
これ以上やって竿でも折ったら元も子もありませんから、さっさと仕舞って、迎えの船がくるまでの3時間あまりは写真を撮って遊ぶことにしました。

「ん?スカリはどうなってるのかな?」と思いついて引っ張りあげたら4匹入っていたはずのイサキ君達の姿がスカリの中から消えていました!
恐らくサラシにもまれて岩に当たり、網の一部が切れてしまったのでしょう。

なんともはや、、、踏んだり蹴ったりとは、正にこのことです。
つくづく付いて無いんだなぁ・・・と思い凹んでしまいましたよ(T△T)

仕方ないので船待ち、旦那の諦め待ちの間に、地面に落とした撒餌に群がるかもめを撮影して遊びました。
かもめさーん。美味しいですかー?

その横でイサキが逃げた穴を修理する旦那

親子のかもめ多分瀬際にいるのが親で、手前にいるのが子供だと思うのですが、この子カモメ具合でも悪いのか、しきりに食べなさい!と泣いて呼びかける親を無視して地面だけを見つめて、しょんぼりしていました。

心配そうに子供の側を行ったり来たりしている親かもめ。
他のカモメが来たら追っ払っていたので、相当病気なのかもしれません。あの子カモメ、丈夫に育ってくれれば良いのですが・・・

きっと釣り人が捨てた糸とかタバコの吸殻とか、間違って食べちゃったんでしょうね。
かわいそうに・・・

元気のない子供を心配する親鳥の様子を動画に納めました。



その後満潮が近づき、波が随分上がってくるようになったので、早めに迎えに来てくれたみや丸に乗り込み、磯を後にしました。

ばいばい(ToT)/~ 元気に育つんだよ。子供かもめさん。

----------------------------------------------------------------
釣果:28cm〜35cmのイサキ4枚(全て逃亡)、60cmくらいのボラ1匹(バラシ)
損害:初下ろしだったウキ1組、小物ケース、スカリ
管理人 * 釣行記 * 02:01 * comments(9) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

インタビュー風に・・・


初めてトライした1000釣法はどうだったのか?
旦那に根掘り葉掘り聞いてみましたので、雑誌のインタビュー風に書いてみます。尚、これはあくまでも一個人の感想ですし、初めてやった釣り方なので、思い込みや勘違い、更には間違いが多々あると思います。
その点はどうぞご了承下さいませm(__)m

ぷよ:1000釣法で第1投目からグレを釣るなんで凄いですね?どうやって釣ったんですか?
旦那:何もしていませんよ。本にあった通りに仕掛を作って流しただけです。

ぷよ:撒餌との同調は難しくありませんでしたか?
旦那:風が強かったのですが、1000釣法は風に強いと本にあったので、撒餌を縦にバラ打ちしただけで、後は潮の流れるままに流しました。

ぷよ:実釣会では潮の壁がキーポイントのようにカンダイな人さんはおっしゃっていましたが、今回の小ガン瀬はダラダラと流れて行く感じで、壁に到達するまでラインコントロールが難しかったのではありませんか?
旦那:いえ。本当に撒餌を2〜3杯打って仕掛を飛ばしたら、後は竿とラインを真っ直ぐにする為に道糸を引き戻して、後はそのまま仕掛が沈んでいくのを待ちました。

ぷよ:どのくらいで馴染んだのですか?
旦那:一投目は様子を見る為に、1000釣法の基本通りにノーガンで流してみました。そしたら1分近くウキが浮いたままで、ドンドコ大ガン瀬の方に流れて行くんです。大ガン瀬の近くまで行ったら、ジワジワと沈みだし、3m程全体が沈んだところで竿引きのアタリがきました。

ぷよ:本当にそれだけですか?
旦那:本当に、本当にそれだけなんです。掛けた自分が驚きました(笑)

ぷよ:うーん。。。本当に「何もせん」釣法なんですねぇ?
旦那:そうです!正に「何もせん」釣法でした!!

ぷよ:何時頃完成予定ですか?
旦那:そんな事は分かりません!後は場数を踏んで、状況に合わせた沈め方と、前アタリの小さなアタリを取れるようになることがこれからの課題です。

ぷよ:早くマスターして教えて下さいね!
旦那:まずは自分でやってみることが先決だと思いますよ。人にばかり頼っていないで、少しは自分で考えてみたらどうですか?

ぷよ:( ̄Σ ̄;)ブー
旦那:悔しかったらやってみなー ガッハッハッハ(*⌒O⌒*)

ぷよ:1000釣法の本やGyaoを見ていらっしゃったそうですね?
旦那:はい。実釣会では良く分からなかった細かな点、例えばハリスは何号を使うのか?とか、鈎はどんな物が良いのか?などを本やGyaoで見て勉強しました。あれは良い番組ですね!とても分かり安くてぷよさんのように物覚えが悪い人でも、10回くらい見ると良く理解できると思いますよ。
ぷよ:(ーー゛)ムカッ

ぷよ:で、実際にやってみた感想は?
旦那:1000釣法で釣れる魚は良型が多い!そう思いました。

ぷよ:これからも続けますか?
旦那:強風の時の釣りでは、あんなに簡単に釣れる1000釣法が有利だと実感しましたので、これからも折を見て練習を重ねたいと思っています!

ぷよ:旦那のこれからの活躍に期待しています!
旦那:あんたも頑張りなさい!!
ぷよ:( ̄_ ̄|||)どよ〜ん

旦那の仕掛


JUGEMテーマ:磯釣り
管理人 * 釣行記 * 04:39 * comments(3) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

何もせん! 釣行


九州の方言で「何もしない」ことを「何もせん」と言います。

カンダイな人さん考案の1000釣法は「ハリスを10m(1000cm)取る」ので1000釣法ですが、別名を「何もせん(1000)釣法」と言います。
そうなんです!今回のお題は1000釣法でした。

でも、そのお題に取り組んだのは「ウチの旦那」でした!

旦那は昨年末の実釣会で1000釣法を見てからと言うもの、二言目には「1000釣法は難しそうだ」「潮を見る目と正確な撒餌ワークが必要だから、とても難しいと思う」と言っていました。

その旦那が「1000釣法」をやる!と言い出したのには驚きました。
驚いたし、内心では「言うこととやる事が違うやん?(¬_¬)ジトー」と思っていましたけど、旦那がやりたいと言い出すまでには充分な前振りがあったので、当然と言えば当然の成り行きだったのです。
旦那は1000釣法の本を読み、パソコンテレビGyao「釣りビジョン vol.129 磯釣り探求」を繰り返し見ていたのです。

牛深へ向かう途中のヤマツリでエキスパートグレ0cのウキと、一発グレ6号の鈎、それに1.5号のハリスを買い揃え準備を整えましたが、内心は不安だったらしく車中で「1000釣法で釣れると思うか?」と尋ねました。
私は即答しました。
「釣れないと思うよ(´・ω・`) 」と・・・。

ガンバレ旦那
さて、旦那の1000釣法初トライはどうだったのか?
顛末は↓に入れますので、お暇な方はどうぞ読んでやって下さい。
何時にも増して長文ですが・・・(⌒∇⌒;
>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 10:01 * comments(9) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

スッゲー奴がいます


昨日の釣行記の最後に「壊れた釣具 リールのノブ。」と書きましたが、本当にインパルトのノブが飛ばされたんです(-_-;)
愛用のインパルト1

ノブが飛ばされました釣行記の中では書ききれませんでしたが、実は44cmの自己記録更新をする前に、スッゲー奴を掛けていたんです!\( ̄^ ̄)
証拠が←の写真。

リールのノブをぶっ飛ばして行きました!

クイッ、クイッのアタリを捕らえて合わせを入れたら、いきなり奴はグングン引き込み始めました。
竿とリールを握り締めたまま、私はどうする事もできません。

隣で漁師旦那と八重ちゃんが「竿を立てて!」と喚いていましたけど・・・立てようにも振ろうにも、奴の力が強すぎて何もできなかったんです(-_-;)

動きが少し緩んだ隙に強引にリールを巻きだしたのですが、何度目かの時にスカッと力が抜けたことがありました。
へ? と思いましたけど、リールを見る暇はありません。
力一杯ノブを握り締め、ゴリ巻き状態で応戦したんです。

やっとの思いで竿を左に倒し、更に立てようとした時・・・ノブに掛けていた力の分だけ前のめりにノブが外れ、そして奴も逃げていきました。

いやぁ、凄かったです!
スゲー奴でした!

漁師旦那は「あの竿の曲がり方なら50近くあったんじゃ?」と言ってましたけど、あたしゃ60を越えてるんじゃないかと思いました(^^ゞ
いや、60のグレの引きとか知りませんが・・・(笑)
それほど凄いやり取りだったんです!

先ノ瀬、本当に凄いです!!
管理人 * 釣行記 * 14:59 * comments(0) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

嘘八百釣行


船上から見た先ノ瀬礁群

一年に一度、しかも6日間だけ解禁される磯ってどんな所だろう?
先ノ瀬礁群事前に仕入れた「ウブなグレ」「入喰い」「養殖場」「飢えたグレ」という情報を元に、先ノ瀬はきっと仕掛とか、同調とか全く関係なくバリバリ竿が曲がって、クーラーが見る見るうちに満タンになって、お昼前には釣り飽きちゃうような釣り場なんだろうなぁ・・・。

グレのサイズは40〜50cmが主体で、それ以下はリリース!

うっひゃー!どうしよう?
そんなおっきなグレばかり釣れたら、翌日は腕がパンパンになって大変ジャン(´艸`)
妄想は広がる一方で、釣行の2日前から眠れなくなっていました(爆)

三角には釣り人が一杯5時前に水道に渡礁し、釣りを始めたのは5時45分頃だったかな?
快晴で無風、ベタ凪状態の絶好の釣り日和!
情報が間違っていなかった証拠に、夜釣り仕掛の第1投目からドカン!とひったくるアタリが連発しました。
合わせを入れるといきなり沖に向かって走り出したデカイ奴は、そのまま走り続け・・・本日第1回目のバラシ(^^ゞ

2投目の奴は横に走りながら、鈎を振り切って行きました。
これで2回目のバラシ(~▽~;)
3投目・4投目はコンのアタリで私でも何とか釣り上げることができ、大きなマアジをゲットしました!

平バエにも釣り人が一杯5号の道糸に5号のハリスを振り切るなんて・・・

間違いない!
今日は仕掛は関係無しじゃ〜〜〜
(`∇´)オーホホホ

鈎に餌付けて放り込めば、向こうから勝手に掛かってくれるんだ!!
この時間が、あの釣行の中で一番ワクワクした時でした。
勝ったも同然!! みたいな?(笑)

ところが空が白み始めて、グレタイムになった途端に私の竿からアタリが遠のき、真横で釣っていた漁師旦那だけが、40オーバーのグレを入喰いさせはじめたのです。
夜釣りの仕掛どういうこと?
今日は仕掛は関係ないはずなのに・・・
ってことは、ポイントがずれてるんだな?
そうだ、そうだ。
そうに違いない。

あちらこちらと投入箇所を変えながら、夜釣り仕掛のままポチャポチャ入れましたけど、グレらしいアタリは全くありません。
ん〜・・・やっぱり3号に落とすかな?
漸く3号・3号に落としたのは漁師旦那が入喰いさせ始めた30分も後でした。
でも、仕掛を変えても相変わらずアタリが取れません。

漁師旦那が調子良く竿を曲げる姿を恨めしく眺めていたら、八重ちゃんも釣れ始めました。見ると崖の向こう側の4人も代わる代わる竿を曲げています。

水道から見た鶴見大島と三角
嘘や〜!!
なんで私だけ釣れないんだ〜〜〜〜!!(≧ヘ≦) ムゥ
>>続きを読んじゃう? 長いよ〜
管理人 * 釣行記 * 16:10 * comments(10) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top



▲page-top
<< 2/6 >>