携帯アクセス解析
身の回りに起こるへんてこなこと。
私自身のへんてこなこと。
【 Information 】

・当ブログはリンクフリーです。相互リンクご希望の方は下方にある、メッセージフォームをご利用下さい。
・リンク用バナーが必要な方は↓を「名前をつけて保存」でご使用下さい。

Blogへんてこバナー

・このWeblogはOS・WindowsXP、ブラウザ・IE7とSleipnir、CRTモニター19インチ/解像度1024×768pxeで確認しています。液晶モニターの方には見え難いかもしれませんがお許し下さい。


BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
---------------------------------- ----------------------------------

簡単!フォトショ講座


BLOGへんてこの過去記事
2007.4.20までの過去の日記です


once more again
JUGEMテンプレ改造のお手伝い

----------------------------------
【 Message 】
なまえ
メール
メッセージ
メールフォーム レンタルサーバー
----------------------------------
BlogPet




PROFILE

OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





カウンター

<< '08 AJLGT 感動の決勝戦 | main | 何やってんだぁ? >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

'08 AJLGT サポーターの存在


大会が始まった頃は雑誌で「女性がタモ入れができる」と書かれたこともありましたが、今ではそんなの当たり前!自分で仕掛や撒餌のメニューを考え、釣りを組み立てられなければ、ハッキリ言って勝てません(爆)

サポーターがいるから、サポーターの指示通りに釣りしてんじゃないの?

とんでもない!
サポーターからのアドバイスは場所移動中の極僅かな時間、そうですねぇ・・・5分も無いですね。その間に対戦者はあの辺で掛けたとか、あの辺を狙えとか、そんなアドバイスを貰えるだけです。
そのくらいのアドバイスで1時間一人で釣りをして、サポーターの指示通りの釣りと言えるでしょうか?
AJLGTの基本は「自分で何もかもやる」です。
サポーターに頼っていては試合になりません。

でも、そんなサポーターの存在が計り知れないくらい大きなものであることが、今回の大会で証明されました。

今年のクィーンに輝いた岩村あかねさんのサポーターに付いたのは、1000釣法で有名な池永祐二さんでした。
サポーターに誰が何人付こうと規制はありませんから、池永名人がサポーターに付いても違反ではありません。でも、サポーターに池永名人が付くと聞いた時は、決まったなと正直思いました(笑)

いえ、そう思ったのは「名人クラス」だからでは無いのです。
池永さんだからそう思ったのです。

何故ならあかねちゃんは、池永さんが弟子と公言しているただ一人の人だからです。

弟子が師匠に寄せる信頼は絶大だと思います。
師匠は弟子に勝ってもらいたいと思い、厳しいアドバイスもしたでしょうが、それを弟子が素直に聞き入れたのは、師匠に対する絶対的な信頼からだと思うのです。

長い時間をかけて築き上げた師弟の信頼関係が勝利を呼び寄せたのかもしれません。

夫婦で釣りをしている方達から「コイツは俺の言うことなんか聞きゃしない」という言葉を良く聞きます。
ウチも選手とサポーターは夫婦ですから、言うことは聞きません(爆)
いや、言い訳をさせてもらえば「聞かない」んじゃなくて、聞き流してしまうんですよねぇ。それこそ「なぁなぁ」の甘えが出るんじゃないでしょうか?

この甘えを打破するのは、自分自身がサポーターの旦那に信頼される事が先決かもしれません。だって横から色々言われるのは、私の釣りが旦那から見てもなってないからでしょうし、見ててイライラするんでしょうね(笑)
今年の目標は旦那から信頼される釣りができるようになる!
これっきゃないですねε=(‐ω‐;;)

最後は自己反省になってしまいましたが・・・何が言いたいかというと・・・
サポーターの存在はデカイ!ってことです。

AJLGTで思う存分に力を発揮したいのなら、サポーターと二人三脚で一年間みっちり釣り込むことも大切かもしれません。
池永名人とあかねちゃん
管理人 * れでぃーす * 11:12 * comments(6) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 11:12 * - * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top
◇■◇コメントありがとう◇■◇

ぷよさ〜ん、本当にありがとうございました。

いつも、いつも大会だけでなく前日も翌日もお世話になって
私だけでなく本当に皆さんのために…ウルウル(涙)どす。

帰ってからバタバタとしてて御礼が遅くなったけど許してね

ぷよさんの旦那様も名サポーターだと思います
私からすれば、羨ましいくらいの旦那様ですよ!

ぷよさん自身の釣技は十分あると思います
夫婦のパワーが弾けたらテッペン取れますからっ!

何事も素直が一番!今回のレディースで感じました。。。

Comment by タルイカ♀ @ 2008/06/03 18:30

お疲れ様でしたぁ〜!
来年以降も開催される事を祈念しています。
役員の方々。
遠路はるばる参加された選手の方たち。

皆様お疲れ様でした。

Comment by だんじり @ 2008/06/03 22:40

先日はお疲れ様でした。また、記事に使ってくれてありがとうございます。

信頼関係・・・アタリです(^^♪

あかねちゃんの武器は、周りに左右されずマイペースでゆっくりと釣ることです。よって、指示したのは急がずに、手返しを遅くして丁寧に攻める事。3回連続エサを取られたら、本命ポイントを休める事。マキエとサシエを同調させる事。遠投して浅く釣る事などです。
釣れない時には迷わずに攻められるように『今の攻め方でOK、グレが居れば必ず喰ってくる』と、あかねちゃんを褒め称え自信を持てるようにしたのです。その結果、1回戦・2回戦・決勝戦と遠投釣法が見る見る上達し、優勝に繋がったと考えています。それにしても、指示通りに釣りが出来る、あかねちゃんの釣技には脱帽です。特にジャンプマキエは可愛くて可愛くて・・・(^^♪

ちなみにグレ釣りの指導は今回が初めてです。カンダイばかりだったので・・・\(◎o◎)/!

何かの参考になれば・・(^^ゞ

Comment by カンダイな人 @ 2008/06/03 23:15

★タルちゃん
長旅お疲れ様でした〜
帰って直ぐにお仕事だったみたいで・・・くれぐれもお体にお気をつけ下さいね。

>ぷよさんの旦那様も名サポーターだと思います

えぇーーー (; ̄Д ̄)なんじゃと?
昨夜のグチグチを聞かせてあげたい(笑)
でもまぁ、今年もなんだかんだ言いながら二人で頑張りますわ。

>何事も素直が一番!今回のレディースで感じました。。。

そうそう!
迷サポーターの旦那の言葉に素直に従って、外ガイド買いましょう!!(笑)
何か良いのを見つけたら教えますね〜。


★だんじりさん
応援ありがとうございましたm(__)m
私は不甲斐ない結果に終わりましたが、皆さんの釣りを見せて頂いてとても勉強になりました。

来年も大分で皆さんと再会できることを私も祈っています(^-^)


★カンダイな人さん
カンダイな人さんとあかねちゃんのペア。
傍で見ていても微笑ましかったです(^-^)
良いものを見せて頂き、とても刺激になりました。
ありがとうございました。


>それにしても、指示通りに釣りが出来る、あかねちゃんの釣技には脱帽です。

本当に抜きん出ていましたね〜。
あれだけになるには相当練習したんだろうと思うと、私も負けていられない気になりました。
あかねちゃんのあのジャンピング撒餌を瞼の裏に焼き付けて、今年一年がんばりますよー!!


>あかねちゃんを褒め称え自信を持てるようにしたのです。

↑ウチの旦那!! 良く覚えといてね!!!(笑)


>ちなみにグレ釣りの指導は今回が初めてです。

キャー!なんてことでしょう!!!(゚_゚*)ビックリ〜

Comment by ぷよ @ 2008/06/04 10:31

私もタルさんと意見同じですよ〜〜♪
ぷよさんとご主人最高のペアと思います♪
後は、勝ち負けは運と言う事で(笑)

Comment by 磯遊人 @ 2008/06/05 13:54

★漁師旦那
師匠ご夫妻と接していてウチの旦那も随分変わりました。
お二人を見習って、頑張りまーす(^o^)/

>後は、勝ち負けは運と言う事で(笑)

運があっても腕が無ければ釣れないし・・・
運と腕の両方が揃って初めて天辺に立てるんでしょうね。

今年は釣果が落ちるのを覚悟で、撒餌ワークを中心に修練しようと思っています。
あと竿さばきですね。
私も14日行きたいなぁ・・・連れてってもらえませんか〜?

Comment by ぷよ @ 2008/06/06 00:22













◆クッキーに登録すると、以降の書き込み時にお名前やアドレスの記入が不要になります


この記事のトラックバックURL
http://blog-henteko.jugem.jp/trackback/881

この記事に対するトラックバック

▲page-top
/