携帯アクセス解析
身の回りに起こるへんてこなこと。
私自身のへんてこなこと。
【 Information 】

・当ブログはリンクフリーです。相互リンクご希望の方は下方にある、メッセージフォームをご利用下さい。
・リンク用バナーが必要な方は↓を「名前をつけて保存」でご使用下さい。

Blogへんてこバナー

・このWeblogはOS・WindowsXP、ブラウザ・IE7とSleipnir、CRTモニター19インチ/解像度1024×768pxeで確認しています。液晶モニターの方には見え難いかもしれませんがお許し下さい。


BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
BLOGへんてこをRSSリーダーに登録
---------------------------------- ----------------------------------

簡単!フォトショ講座


BLOGへんてこの過去記事
2007.4.20までの過去の日記です


once more again
JUGEMテンプレ改造のお手伝い

----------------------------------
【 Message 】
なまえ
メール
メッセージ
メールフォーム レンタルサーバー
----------------------------------
BlogPet




PROFILE

OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM





カウンター

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

バーチャンの事で学んだこと


9月になりはしましたが、まだまだ真夏のような気候にうんざりですね。
皆様体調の方はいかがでしょうか?
どうぞくれぐれもご自愛され、お元気にお過ごし下さい。

さて、バーチャンがアルツハイマー型の認知症と診断されるまでの2年間と、その後の1年半余りの中で、私が経験し、





JUGEMテーマ:在宅における認知症の家族の介護について
管理人 * バーチャン * 03:48 * comments(0) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

大変ご無沙汰しました。


半年以上も更新もせず、ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。

昨年の10月にアルツハイマー型の認知症と診断されてから、そのまま専門病院へ入院したバーチャンは、2週間の入院生活を経て退院後は、民間の居宅型グループホームへ入所していました。

包丁を振り回していた姿が目に焼きついていた私は、バーチャンに会うことを極端に恐れてしまい、退院したその日、帰宅もせずにそのまま入所先のホームへ連れて行きました。

その頃はまだまだ足腰も達者で、杖をついて外を散歩(徘徊)する元気もあったのですが、半年もしない内に言葉も満足に出ない状態になり、部屋でじっとしている時間が多くなり、介助無しでは立つこともできなくなってしまいました。

アルツハイマー型の認知症は徐々に身体の機能を奪っていく病気ですが、バーチャンの場合は僅か半年で介護認定が2から4に上がってしまうほど、進行がはやかったのです。

この状況を鑑み、また施設に支払う費用や毎日のように掛かってくるホームの電話に辟易していたこともあって、思い切って在宅の介護に切り替えたのでした。

ケアマネージャーさんと何度か話し合い、一月の内の20日間を特別養護施設のショートステイというサービスを利用し、残りの10日間を私が自宅で介護する方法を取ることにしました。

この方法は私にはとても有効な方法でした。
今までエンドレスで、終点の見えない介護に不安と苛立ちを感じ、絶望に近い状況だったのが、10日間だけ頑張れば、あとの20日間は解放される。
しかもその10日間を5日ずつに分けたのですから、負担は随分軽減され、気持ちも軽くなりました。

何より些細な悩みも親身になって相談に乗ってくれるケアマネさんの存在はとても心強かったです。
腹を割って話し合いを重ねる内に、私の気持ちを汲んで色々なアドバイスを的確に頂けるようになって、漸く「私は一人じゃない」と思えるようになっていきました。

ケアマネさんやヘルパーさんの助けを得ながら、在宅介護を続けていた5ヵ月後、とうとうショートステイ先の特養施設から入所の知らせがきたのです。

「ベッドが空きました。入所の手続きをしに来所して下さい。」
7/27早朝のことでした。

今、バーチャンは看護士さんが毎日の健康管理をして下さる特養で、多勢のスタッフの方に見守られ何の心配もなく暮らしています。

私としては一つの大きな山を登りきった気持ちがしています。
順番を待っている人が多すぎて、死んでも特養には入れないと聞いていて、8割型は諦めていた私には神様からの贈り物のように感じられてなりません。

8/1に満99歳になった祖母。
一時期は「この人を殺して、私も・・・」と思い詰めたこともありましたが、今は100歳を目標に頑張って欲しいと思っています。


さぁ!釣りに行くぞー!!(笑)



PS/ブログを休んでいる間に励ましのメールやお電話を下さった方々へ、心から感謝申し上げます。
   特養に入れたとはいえ、年齢が年齢ですので、いつ何時入院の知らせが来るかもわかりませんから、以前と同じ生活とブログの更新は出来ないと思いますが、気が向いたら更新したいと思っていますので、これからも宜しくお願いします。
  JUGEMテーマ:健康
管理人 * バーチャン * 02:33 * comments(4) * - Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

10月4日のお返事


みなさん、励ましのコメントありがとうございましたm(__)m

コメントを頂いていたのは知っていましたが、医師との見解の相違で話しが一転二転していまして、今後の動向がまだ決まらずにいます。
なので、お返事を返すことができずにいました。
ごめんなさい。

バーチャンはお薬の効果の為か病院では落ち着いているようで、退院の許可が直ぐにも出そうです。
しかし、私自身が金曜・土曜のショックから立ち直れず、もう少し離れている時間の必要を感じています。

強引に事を進めるべきか、一旦は退院させて自宅でもう少し様子をみるべきか・・・悩んでいます。
今なら空いている施設があるのですが・・・。
管理人 * バーチャン * 10:44 * comments(12) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

入院


10/3 朝8時頃バーチャンと犬の朝食を持って行った。
家の中は居間から仏間、客間とどの部屋も、ゴミや衣類が散乱していて、足の踏み場もない有様に変貌していた。

箪笥の引き出しは全て引っ張り出され、冷蔵庫は開けっ放し、キッチンの床にはお砂糖の粗目がばら撒かれていて、歩く度に足の裏に異物がくっ付いた。

粗目が床に落ちていたのは、恐らく自分で朝食の用意をしようとして冷蔵庫に入れてあった粗目の瓶の蓋を開けた時、中身をこぼしてしまった為で、引き出しが出されていたのは荷物をまとめた為と想像できた。
見ると疲れ果てたのかバーチャンは椅子に座って眠っていた。

私はバーチャンを起こすこともせず、黙々と片付けを済ませ、犬にエサを与えて自宅に帰った。

昨日のことは恐らく何も覚えていないだろうし、今までも、一晩空ければ昨日とは別人のように落ち着きを取り戻してきたので、目が覚めたら私がテーブルの上に揃えた朝食を食べてくれるものと思っていた。

ただ、今までと違うのは、全ての出入り口に鍵をかけたこと。
また徘徊されることを恐れて、外へ出ないようにしたのだ。

午前10時頃だったろうか?
隣で大きな物音がした。
見に行くとバーチャンが居間のガラス戸を開けようとして、窓の側に置いてある飾り棚を引き摺り出している最中だった。聞こえてきた「大きな音」は棚を少しでも軽くする為に中身をなぎ捨てたからだったのだ。
棚を何とかどける事ができたバーチャンは必死で窓を開けようとする。

でも、窓には2重ロックをかけてあるので、当然開く訳がない。
すると今度は愛用の杖を持ち出してガラスを割り始めた。

どんな事をしても外に出ようとするバーチャン。

形相が変わり私の話しかけには一切応じない。
急ぎケアマネージャーさんに電話をかけ、来てくれるように頼んだ。

間の悪いことに担当のマネージャーさんが休みとのことで、他の方が来て下さったのだが、初めての家を尋ねて来たのだから時間は相当かかった。
相当かかった時間の内に、バーチャンは玄関のガラスも叩き割っていた。
興奮は頂点に達していたのだろう、割れたガラスの向こう越しに、真っ赤な鬼の形相で杖を振り回しているバーチャンの顔がチラリと見えた。

漸く到着したケアマネージャーさんに昨日から今までの経緯を話し、今後どうしたら良いかを相談した。彼ら(2人で来られた)は兎に角本人を落ち着かせ、1回だけお世話になったことがある痴呆症専門の病院で診てもらう事を勧めた。
しかし、私が顔を見せると余計に興奮すると思われた為、説得は私抜きで彼ら2人だけでしてもらうことにした。

普通は利用者宅において(介護サービスの利用者ということ)ケアマネージャーだけで長時間話すことはまず無い。保護者(家族)がいる場合は家族が必ず同伴して、話し合いが行われる。
だが今回はそんな余裕は無い。
お二人は2時間余りをかけて説得してくれた。
午後2時、病院に到着した時、やっと安堵したのか、私のお腹の虫がグーとなったw

朝から何も食べていなかったのだ・・・。

グーグー鳴るお腹を押さえながらカウンセリングを受けるw
担当違いだというのに、ケアマネージャーさんも一緒に話しを聞いて下さった。

医師の話しだと、バーチャンは脳の萎縮で進行した痴呆により「夜間譫妄症(やかんせんもうしょう)」という症状に襲われいるとのことだった。
譫妄症とは幻覚や幻聴により、恐怖感に襲われそこから逃れようとしている状態で、バーチャンの場合は「お父さんに会いに行く」と言っていたことから、その約束を守る為に必死だったのだろうとのことだった。

つまり、自分は約束を守りたいだけなのに、それを阻害する私に敵意を持ったのだと・・・。

この症状は薬を飲むことで改善された例が多く、夜はその薬と共に睡眠剤を使うことで夜間の行動を制限できるだろうと言われた。
つまり自宅でも暫くの間は今まで通りの生活ができるとのことだった。

鬼の形相でガラスを割っていた姿を見た時、既に私は何処かに預けることを頭の片隅で考えていた。ケアマネージャーさんも同意見だった。
しかし、先生の話しを伺っているうちに無理に閉じ込めようとした私にも非があったこと、薬で改善できることを知り、連れて帰ろうか?と心がグラついた。

「連れて帰った方が良いでしょうか?」
私の問いに、ケアマネージャーさんは「ベッドの空きを確認してもらうまで、判断は待ったらどうですか?」と返してくれた。

何だかんだ言っても、自分が生まれた時から側にいてくれたバーチャンだ。
バーチャンが何をしようと庇いたい気持ちもあるし、まだ自分だけでもやれるという思いもあった。

しかし、今こうして静かな朝を過ごしていると、あの時ケアマネージャーさんの冷静な応対に感謝せざるを得ない。
もし、私一人だったら恐らくバーチャンを連れて帰って来たはずだ。
そして、また同じことを繰り返していたかもしれない。

バーチャンを、痴呆症による夜間譫妄症治療の為に入院させた私の今の正直な気持ちは「バーチャンどうしているかな?」だけだ。
居なくなったらさぞせいせいするだろうと思っていた私は、私自身に裏切られた思いだ。

さて・・・そのままにしてある割れたガラスを片付けましょうか・・・。
管理人 * バーチャン * 09:49 * comments(11) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

悲惨な1日


今日は本当に悲惨な1日だった。

雨が降る中、傘も差さずにヨタヨタ歩いていたバーチャンを目撃したのが午後2時。
昼食兼夕食の支度をしていた台所から、フト外を見ると、エプロンを頭から被りずぶ濡れになったバーチャンが立っていたのだ。

慌てて外に飛び出して、ずぶ濡れのバーチャンを家に連れ戻し、急いで風呂に入れた。
嫌がったけど、無理矢理裸にして風呂場へ・・・。
髪の毛からは水が滴り落ちている。
冷え切った体を温める為に、普通なら湯船に入れるのだが、バーチャンちの浴槽は縦横1m四方しかない、しかも深さが70cmほどあって、湯船に入ることができない。

大目にお湯を張り、大き目の洗面器でザブザブお湯をかけて、身体を温める。
着替えも済ませ「やれやれ」と思っていたら、またぞろ外へ出ようするバーチャン。

何処に行くんだ?と聞くと、お父さんに会いに行くと言う。

バーチャンのお父さん、つまり私にとっての曽祖父だが、もう60年以上まえに亡くなっている。
そんな人に何処に行って会うつもりなのか?

実は2週間程前にも徘徊で警察署から呼び出しを喰らっていた私。

ここで出してなるまじか!と縁側から裸足で出ようとするバーチャンの襟首を捕まえ、引き摺り倒して引き寄せようとした。

バーチャンは益々興奮して、あらん限りの大声で「助けて下さい」「誰か助けて下さい」と泣き喚いていた。バーチャンを掴んでいる私の手を振り切ろうと、水溜に座り込んで手当たり次第に物を投げ付けてきて、危険極まりない。

もう、私一人の力では抑えることも、立ち上がらせることもできない。
考えあぐねて・・・119番に電話した。
すると「怪我をされていないのであれば、救急車を出動させられませんので、警察に電話して下さい」とのこと。
迷わず110番へ電話したのだが、「直ぐに行きます」の返事から30分しても来ない。

そうこうしている内に、水溜りから漸く抜け出したバーチャンはまたぞろ歩き出した。
慌てて後を追い、捕まえて抱きかかえやっとの思いで、連れ戻した。

さっき風呂にいて全て着替えさせたのが元の木阿弥。
オシメまでグッショリ濡れ、洋服は勿論顔もドロだらけになっていた。

バーチャンを椅子に座らせ「行かせろ」「ダメ」の押し問答の最中にやっと警察が到着した。

警官がバーチャンと話しをしている間に、私は掛かり付けの病院に電話をして、睡眠薬(レンドルミン)
を飲ませる許可を得た。

兎に角外に出ないように眠らせて大人しくさせようとしたのだが、余程興奮していたのか寝付いて30分もしない内にむっくりと置き出したのには驚いた。

レンドルミンという薬は睡眠導入剤の中でも強い持続性が特徴の薬だ。
普段飲みなれていない人が飲むと、そう簡単には目が覚めないはずなのに、バーチャンは復活した。
フラフラしながら台所へ行き、今度は包丁を2丁両手に持って近寄るなと喚いている。
正面からだと危険なので後ろを向いた隙に押さえ込み、包丁をかなぐり捨てた。


もう、限界です。

「この家で犬を抱いて死にたい」というバーチャンの希望を第一に考え、在宅介護を一人でやってきたけど、もう無理だ!と痛感しました。

明日ケアマネさんに相談して特養の手続きをします。
さらに、4〜5日ショートステイをしてもらい、私はバーチャンと少しでも距離を置いて、疲れ果てた心を充電したいです。


介護の疲れから無理心中をしたという事件を聞きますが、あの喚き叫び、包丁を振り回して暴れる姿を見ていると加害者側の気持ちが痛いほど分かります。

管理人 * バーチャン * 00:34 * comments(7) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

目標は10月!


 ┃電柱┃_・)・・・
            ひ〜〜〜\(*><)/
                            ・・・(・_┃電柱┃

(((・・ )( ・・)))キョロキョロ 誰も見てないよね?

大変遅くなってしまい、今更で恐縮ですが。。。
誰も見て無いとは思いますが。。。
6/22の記事についてお返事させて頂きました。

遅くなって、すみませんm(__)m
(~-~;)←☆ヾ(-_-;)遅くなり過ぎペチッ

2ヶ月もお返事も更新もせずにすみませんでしたm(__)m
でも、この2ヶ月の間にチョビットだけ前進しました。

なんと、あのバーチャンがデイ・サービスに行ってくれてます!
/\☆。\/☆。/\☆。パチパチ

デイから帰ってきてから大変ですが、取り敢えず行かせれば夜もグッスリ眠れるみたいだし、考えるネタも増えたので退屈しなくて済んでいるようです(笑)

考えるネタ・・・今のバーチャンに一番必要なことかもしれません。
どっかに行きたい、死にたいと言わなくなったのは、デイに行き出してからです。

バーチャンは基本ディ・サービスに行きたくない訳ですから、どうしたら行かずに済むかを一所懸命に考えているはずです。
「今日は頭が痛いから・・・。」
「お風呂に入ると死んでしまうから・・・。」
「ジーッと座ってばかりいるからお尻が尖がった!」(なんのこっちゃ?)

色んなことを思い出したように言います。
一つのことを集中して考え続ける力は既に無いので、突然言い出して驚かされますが、嫌だという思いは脳みそに相当な刺激を与えているようで、今まで余計な事を考えていた時間をバーチャンなりに、有意義に使えるようになったみたいです(爆)

今の私の願はバーチャンに諦めてもらうこと。
そして、目標は秋磯に間に合うようにショートステイができるようになること!

目指せ!10月!!
がんばるぞ (。・_・。)ノ

管理人 * バーチャン * 01:08 * comments(12) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

介護申請認定調査


バーチャンの介護保険申請に対する、認定調査がに行われました。
ごく簡単な日常動作の調査だったのですが、見ていて考えさせられました。

調査員の方は、掛かり付けの病院から出された健康状態が書かれた用紙を見ながら、バーチャンに質問したり、動いてもらったりします。

「立って下さい」
「歩いて下さい」
「寝て下さい」
「寝た状態から一人で起きて下さい」

何のことは無い、日常生活で行っている至極当たり前の動作です。
でも、これが調査内容に含まれているってことは、介護が必要な人にとっては難しいことなんでしょうね。

特に「寝た状態から一人で起き上がる」ことが大変みたいでした。
ひっくり返ったカメがジタバタと手足を動かしているようで、思わず  と噴出してしまいました

いやいや、笑い事じゃないんですよ。
だから私の手が掛かる訳なんですが・・・
今まで手助けしていて気にも留めなかったことですが、見ていたら「あぁ、こんなことも出来ない体になってたんだなぁ・・・。」と改めて気付きました。

それから、調査員の方から受けた質問の中に「話しが咬み合わないことはありませんか?」「収集癖はありませんか?」「ご近所と介護者がお付き合いできないような話を振れ回ったりしませんか?」「被害妄想はどうですか?」とあったのには驚きました。
こんな質問をされるということは・・・お年寄りなら誰でもすることなんでしょうか?

ウチのバーチャンがクソババァだからじゃ無かった?
ウチに限ってのことじゃ無かったことが分かった1日でした。

取り敢えずは認定を頂いて、お風呂に入れてもらいたいと思っています。
実は怪我をする前は風邪をひいていて、約1ヶ月近くお風呂に入っていないんです。
バーチャン

でも・・・認定をもらってもデイケアに行ってくれるか?の問題が待っています。
これをどう乗り切るか?
99才のバーサン相手にアタフタしている自分が情けないっす

管理人 * バーチャン * 18:28 * comments(6) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

近況


最近、98歳のばばぁ相手に本気で喧嘩してます。

バーチャンは耳が遠い上に、右目は失明しており、左目も白内障でぼんやとしか見えない状態です。最近はめっきり足腰が弱り、杖や手すり、もしくは私の介助がなければ歩くこともままなりません。

自分の身体が思うように動かないのです。
そして老人性の痴呆も徐々に進行しているのが傍で見ていてハッキリ分かります。

なのに・・・
自分はまだ何でもできる!
出来ないことはあんたがやれば良いことだ。
あんたが居るのに他人を家に入れるのは間違っている。
車椅子は恥ずかしいから絶対嫌だ。
寝ている間に以前お世話になっていたヘルパーさんがやってきて、家の中を荒らすからあんたが夜中見張っててくれ。
犬のトリミングへ行けば、そんな高いところに連れて行ったのはあんただから、あんたが払うべきだ。私はそんな高いとこを頼んだ覚えはないよ。
掃除をすれば、そんなに毎日掃除すると物の置き場所が変わって分からなくなるからしないでくれ。
掃除をしなければ、しないで、こんなに散らかってて汚いと言う。
2〜3日忙しくて行けない日が続くと、旦那がおるけん来られんとだろ。あんなの分かれてしまえ。

喧嘩腰で言いたい放題、何時間も汚い言葉を連発して、私の怒りに油を注ぎ続けるクソババァに、ホントにあきあきしています。
動き続ける口を黙らせようと思って、ポカッと頭を叩いたら・・・
「親になにするか! 寿命が縮んだじゃないか!!」
「あぁ、縮めてくれ!もう充分だろ?」

私も年寄り相手にしているんだから、そこそこに聞き流せば良いのでしょうが、ヨロヨロと私の後ろを付いて回って、言い続けるものだから、最近は小一時間で用事を済ませて、早々に引き上げるようにしています。

バーチャンは私のモチベーションを下げる為にいるよう。。。(/_;)

昔はこんな人じゃ無かったのに・・・くすん ( ノω-、)
老いは身体だけではなく心まで病ませてしまうようです。

これだけ悪口雑言を言われても、私はバーチャンを介護しなければならないのでしょうか?身内だから?祖母だから?無給で?

最近マジ思ってます。
動けなくなったら・・・優しく介護してやろうと。
今のバーチャンは知ったことじゃありません!

昨日の占いで「何事にも前向きに取り組み、自立志向も強く、細かいことにはこだわらない度量の大きさもあります」とありましたけど、以上のように私は重箱の隅をつついて、相手の嫌な所が鼻に付き、何事にも後ろ向きな性格なんです。

はーっ、環境が人間を育てると言いますが、このままでは世界中を敵に回すような腐れバーサンになりそうです。

せめて、車椅子に乗る意味を考えてくれるようになると、私の気持ちも変わるのですが・・・車椅子なら、私のペースで歩けるし、買い物にも連れ行って、バーチャンが本当に買いたい物を選ぶ手伝いくらいはできるのですが。。。
なぜ頑なに拒むのか?

しない私が悪いんじゃなくて、させない自分に気が付いて欲しいのです。

あーっ、釣りに行きたい。
なにもかも忘れて集中できることをやりたい。

気鬱な秋を迎えています。
管理人 * バーチャン * 00:21 * comments(5) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top

復活


ご無沙汰していますm(__)m

「おばあちゃんの具合はどう?」
会う人ごとに挨拶代わりに聞かれます。
気遣って頂き有難いことです。

バーチャンはあの後1週間くらいは、シュンとしていました。
が・・・しかし・・・今は・・・

クソ婆復活!です!!怒る
あれは嫌だ。これも嫌だ。
ココはこうして!あそこはああして!
わたしゃ、あんたの手足じゃねー!っつうの怒る

そして相も変わらず「ヘルパーさんが雑巾を持って行った」「ヘルパーさんがパンツを持って行った」「ヘルパーさんが・・・」
「はいはい、そんな物で良ければ上げちゃえば!」

バーチャンのグチグチを面と向かって聞いていると脳みそが腐りそうなので、その時間を利用してアクリルタワシを編んでいます。
アクリルタワシ3点
ポンポンタイプのアクリルタワシ以前は太い糸で真四角に編んでいたのですが、何とも味気無いので中細の糸を組み合わせて、フリフリを付けたりして可愛らしくしました。

↑の3つはお皿洗い用に、←のポンポンタイプはコップ洗い用に作りました。

でも使ってみるとポンポンタイプが抜群に良かったっすにこにこ

アクリルタワシは本来洗剤を使わないのがエコなんですけど、油物を載せたお皿やフライパンはどうしても洗剤を使いたいですよね。
なので、今までもアクリルタワシに洗剤をつけて使っていたのですが、このポンポンなら洗剤の量が1/3で済んじゃうんです!

すっごく泡立ちが良いのです!!
そして次に使う時は水で少し湿らせただけで、泡立ちが復活しちゃうんです。

バーチャンが復活したのは早過ぎましたが、洗剤の泡立ちが復活するのは大歓迎!
これからはこのポンポンタイプオンリーで作ってみようかな〜えへへ
管理人 * バーチャン * 13:31 * comments(9) * trackbacks(0) Yahoo!ブックマークに登録 ▲page-top



▲page-top
1/1